2008年03月30日

前田祐希さんからのおさそい(by 管理人)

現在サーバダウン中の前田祐希さんから、ライブのお誘いをいただいたのでおすそわけ。
ここでこうやって告知して、何かの役に立つかは分からないのだけど。


***以下、前田祐希さんからの情報***

昨年末にスタートした『Fjord Sound 』のライブを行ないます。
4年振りの新宿Pit Innで、特別な夜にしたいと、今から楽しみな私。
ここでしか聴けない、そしてなぜかホッとするサウンドを求め、
歌いたいと思っています。
お忙しいとは思いますが、応援に来て頂ければ最高です!/祐希

『Fjord Sound :
ジェットコースターサウンドを操るCPJのもうひとつの世界である
コンテンポラリージャズソング。
心の奥底で感じる熱き思いを敢えてクールな風にのせて。』

4月8日(火) 新宿Pit Inn
open pm 7:30 start pm 8:00
http://www.pit-inn.com
tel:03-3354-2024
東京都新宿区新宿2-12-4 アコード新宿ビルB1
m.c.¥3,000(1drink付)

Fjord Sound
前田祐希(vo) サーバートラブルの為、只今一時ご覧になれません。
松井秋彦(p,g) http://www.graphic-art.com/cpj/
加藤真一(b) http://www16.ocn.ne.jp/~b-hot/
嶋村一徳(ds) http://www.dd.iij4u.or.jp/%7Eshimam5/



posted by 雨読晴耕村舎ファン at 22:16| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | その他情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月20日

歌手・前田祐希さんのオフィシャルサイトがサーバダウン

「かれいどすこーぷ」のメンバーとしても活躍してる、歌手の前田祐希さんのオフィシャルサイトがサーバ運営会社の都合でとまってる模様。たぶん3月12日頃から。

前田祐希さんは後藤さんと親交があり、我々は「ゆきさん」と呼んでいる人。これまでに何度か雨読晴耕村舎や加須(羽生のとなり町)でコンサートをひらいている。

最近のコンサートのときの、後藤さんからの告知はこれ(↓)。
http://udokuseikousonnsya.seesaa.net/article/50759495.html


ゆきさんの状況はこういう感じらしい。

(1)オフィシャルサイトが閲覧不可能。
 URLは、http://www.maedayuki.com/ なのだけど、今(2008/03/20)は何も表示されない。

(2)@maedayuki.comのアドレスはすべて不通。
 問題アドレスに送信したメールはサーバートラブルで戻ってきてしまう。
 それ以外のアドレスは通常通り可能。

以上、「前田祐希さんと連絡とりたいけど最近不通でどうしたの?」という人向けの告知でした。
なにか変化あれば続報を掲載します。
posted by 雨読晴耕村舎ファン at 10:42| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | その他情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月12日

後藤さんが10/22「アースデイマーケット」に出店

後藤さんが雨読晴耕村舎/糧工房製品などを、10/22に代々木公園けやき並木の「アースデイマーケット」に出店。

http://www.earthdaymoney.org/market/
[10月22日の出店予定]には「雨読晴耕村舎」として記載あり。

後藤さん本人も当日はお店に。
店舗は「ローカルジャンクション21」とのコラボ出店とのこと。

場所:代々木公園けやき並木
日時:10月22日10時〜16時

「営業活動の現場に友だちが遊びに行っていいんですかね?」という質問に、
後藤さん曰く「いいんです。」
posted by 雨読晴耕村舎ファン at 23:56| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月13日

今週末の「ニッポン食育フェア」追加情報

雨読晴耕村舎として後藤さんが出展する内容が、公式案内にも掲載。
http://nipponsyokuiku.net/fair/003/tenji.html
(「地産地消のおすそわけ」の10-4)

後藤さんは、会期中ずっとブースにいらっしゃるとのこと。
(ただし、体験コーナーの対応でたぶん超多忙)

「ニッポン食育フェア」全体のの案内は下記のとおり:
http://nipponsyokuiku.net/fair/
開催年月日:2006年1月14日(土)〜15日(日)
会場:東京国際フォーラム(JR東京駅、JR有楽町駅もより)
posted by 雨読晴耕村舎ファン at 12:44| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | その他情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月19日

雨読晴耕村舎が「ニッポン食育フェア」に出展

雨読晴耕村舎が「ニッポン食育フェア」に出展するとのニュース。
糧工房の加工品も出展されるのかな。

「ニッポン食育フェア」の案内はこちら:
http://nipponsyokuiku.net/fair/
開催年月日:2006年1月14日(土)〜15日(日)
会場:東京国際フォーラム(JR東京駅、JR有楽町駅もより)

主催は「ニッポン食育ネット」という団体:
http://nipponsyokuiku.net/

以下、後藤さんからの告知。体験コーナー楽しそう:
2006年 1/14・15(10:00〜17:00)
東京国際フォーラムでの「ニッポン食育フェア」にひょんなことから雨読晴耕村舎もブースを出すことになりました。
わがブースのテーマは「田んぼからお米も蜂蜜もとれる!昔からある環境保全型農業の形」
体験コーナーを設け蜜蝋ロウソクづくりを楽しんでもらおう、と考えています。

posted by 雨読晴耕村舎ファン at 12:55| 埼玉 ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | その他情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月05日

糧工房のちらし入手

糧工房の作物を送っていただいた段ボール箱に、ちらしが同梱されてました。

後藤さんのblogにもアップされてるけど、こちらでも挑戦。
png形式で。

山羊のゆきちゃんがいい味出してます。近所では「ヤギのパン屋さん」とか呼ばれてるのかな。「ユキちゃんのところにパン買いに行こう」なんて。

糧工房ちらし(表)
糧工房ちらし(おもて102KB)

糧工房ちらし(裏)
糧工房ちらし(うら112KB)

糧工房地図(拡大)
糧工房地図(ちらしの拡大114KB)
posted by 雨読晴耕村舎ファン at 09:54| 埼玉 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | その他情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月19日

雨読晴耕村舎−食糧工房

後藤さんただいま食糧工房をつくってます。
これが完成すれば、いまは限定品の天然酵母パンが沢山手に入るように!

食糧工房ができあがっていく様子は、このブログで見ることができます。
http://blog.drecom.jp/masa-goto/
posted by 雨読晴耕村舎ファン at 13:22| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | その他情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月07日

雑誌『自休自足』に後藤さんの記事が

雑誌『自休自足』に後藤さんについての記事がのってるそうです。
8ページの記事とはすごい。

後藤さんからのコメント:
3/3発売の自休自足という雑誌にうちの記事(P134〜P141)が出ています。
http://www.yumeinaka.net/jikyu/
ちょっと大きめの本屋さんにはあるそうなのでもしよろしかったら覗いてみてください。
posted by 雨読晴耕村舎ファン at 00:21| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月19日

後藤さんからの緊急お得なニンジン情報

雨読晴耕村舎の作物ではないですが、有機栽培の人参が安く大量に手に入ります。
見た目にこだわらなければ、相当にお得なチャンス。
「羽生の後藤さんから聞いた」と伝えるか、後藤さん経由で連絡とればスムーズではないでしょうか。

後藤さんからのメッセージ:
深谷の先輩有機農家村岡さんのところで有機のにんじんが
寒さで割れが入ってしまい400kgほど出荷できずに困っています。
ニンジンを大量に使う方、ジュースにして飲みたい方などおられたら
御連絡をお願いいたします。
有機だけど割れ割れにんじん1000円/10kg(送料別)
味はいい。ひとつの荷物で30kgまでは可能

村岡 0485−87−2298
又は後藤まで
posted by 雨読晴耕村舎ファン at 08:58| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月20日

白菜いままさに旬!

後藤さん撮影の畑の写真が送られてきました。
さいきんの寒さで白菜の外側が凍り始めたのだそうです。

白菜の行列
白菜危うし!

外側の葉っぱを剥いでみると、まさに旬のみずみずしい中身が顔を出します。
中身はみずみずしくて美味そう
葉っぱを食べる野菜は、霜にあたると甘味が増すと聞いたことありますが、丁度その状態でしょうか。

後藤さんによると、
「中はとても旨いのですがこのまま気温が高くなってゆくと花が咲いて”白菜”としては食べられなくなります。花は花で旨いのですが・・・・・・」
ということで、せっせと収穫して白菜漬けにしてるそうです。

「完全無農薬の白菜を海の塩だけで漬けました。浅漬けの状態で出荷します。サラダ感覚で食べられます」(by後藤さん)という白菜漬けは大好評。
漬かりがきいて酸味が出てきたら、刻んで油で炒めるのもいいようです。

期間限定品なので、旬の白菜をフレッシュに味わいたい人は今がほぼラストチャンス!
雨読晴耕村舎の公式サイトで販売してます。
うちも早めに確保しなくては。

※ この記事は後藤さんのblog「日々の覚え書き」にトラックバックしてます
posted by 雨読晴耕村舎ファン at 12:34| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月24日

雨読晴耕村舎のショッピングサイトがオープン!

『雨読晴耕村舎』のトップページがショッピングサイトとしてリニュー
アルしました。
http://www.cam.hi-ho.ne.jp/masa-goto
とても見やすく使いやすいものです。

それにともなって当blogの「ほぼ週間作物情報」も内容変更します。
どう変更したものか、しばらく試行錯誤がありますがお許しください。

これまでの『雨読晴耕村舎』トップページも、ちゃんとここから見られ
ます。
http://www.cam.hi-ho.ne.jp/masa-goto/udokuindex.html
後藤さんの日誌、『日々の覚え書き』も、もちろん健在です。
http://udokuseikousonnsya.seesaa.net/
posted by 雨読晴耕村舎ファン at 11:20| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | その他情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月02日

11月27日に届いた野菜

こんなのが届きました。

とどいた野菜

ブロッコリーはちょうど旬。茎の部分にほんのり甘味あり。
左下のはんでん黒もち米(朝紫)は、白米に炊き込めば赤飯風に。
右下の板状なのが、ウワサのはんでん発芽玄米もち。
プレーン天然酵母パンは「ハイジがおばあさんに食べさせたかった白パン」のよう。
ほかに、無農薬無化学肥料栽培全粒粉小麦粉・ライ麦粉など。
posted by 雨読晴耕村舎ファン at 13:03| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月09日

食べて食べられて(10/23撮影)

稲の害虫、にっくきイナゴ。野菜も食べるのかな?
inago01

しかし、人間につかまれば今度は食べられる側に..
inago02
これは蒸かしたあと。このあと味付けします。
「メスが卵を持ってるときがうまい」らしいです。

この記事の写真は、さる10月23日に雨読晴耕村舎に遊びに行った時にとったものです。
posted by 雨読晴耕村舎ファン at 07:18| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | その他情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月07日

野菜畑の守り神たち(10/23撮影)

野菜を食べる我々のライバル、青虫を退治してくれる守り神たち。

kaeru

kumo
見づらければ、写真をクリックして拡大して見つけてください。

とくに白菜は、熟練の農家が自家用につくるときにも農薬を使わざるを得ないほど虫に好まれるようで、かえるやクモなど守り神の活躍に期待が大きいのだそうです。
それでも青虫の旺盛な食欲には勝てず、手作業の虫取りにこだわる後藤さんの手間はかなり大きいそう。

この記事の写真は、さる10月23日に雨読晴耕村舎に遊びに行った時にとったものです。

[作物情報みるにはここをクリック]
posted by 雨読晴耕村舎ファン at 20:57| 埼玉 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | その他情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月06日

収穫を待つ稲穂(10/23撮影)

お米はいまやはんでんにかけられて、天日乾燥後の脱穀・出荷を待ってます。
これは、稲刈り前の写真です。

inaho01
inaho02
普通のお米と黒米(古代米)、稲穂を見てもどっちがどっちかすぐわかります。
posted by 雨読晴耕村舎ファン at 12:02| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月04日

野菜畑の写真(10/23撮影)

hatake
向かって右端はブロッコリー、そのとなりは白菜。
間引きのあと、ブロッコリーは穂が出て白菜は玉がまくとのこと。
写真奥、こんもりと茂った木に囲まれて、雨読晴耕村舎の母屋の屋根が見えます。

omoya
母屋の写真。
柿が実ってます。

この記事の写真は、さる10月23日に雨読晴耕村舎に遊びに行った時にとったものです。
写真をクリックすると拡大します。
posted by 雨読晴耕村舎ファン at 12:44| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月03日

田んぼとはんでんの写真(10/23撮影)

tanbo
稲穂はすっかり実ってます。刈りとった稲穂ははんでんにかけて天日干しします。
写真右後ろにはんでんが写っているのがわかりますか?

handen
はんでんの様子。
今年は遅い時期に何度も台風が来たので、倒れては起こすの繰り返し。
天日干しのお米にはこういう苦労があるのです。

ちなみに、はんでんがまさに倒れているナミダの写真はこちら↓。
http://udokuseikousonnsya.seesaa.net/article/864337.html
今年のイセヒカリは少し塩味かも。

[作物情報みるにはここをクリック]
posted by 雨読晴耕村舎ファン at 11:24| 埼玉 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | その他情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月06日

その他情報:後藤さんが香り米の紹介ページを (by管理人)

後藤さんが香り米の紹介ページを作成されました。
雨読晴耕村舎では、有機栽培したサリークイーンという品種とサリープリンセスという品種の販売と種籾入手方法の紹介をしてます。

http://www.cam.hi-ho.ne.jp/masa-goto/saryqeen.htm

いろいろと勉強になるページですが、僕が知ってるのは「ふっくら軽い食感で、おかずなしで食べても美味い」ということです。長粒米に悪いイメージ持ってる人こそ、一度食べて欲しいものです。
posted by 雨読晴耕村舎ファン at 18:11| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月21日

その他情報:ラジオの後日談

9/19のラジオ出演の後日談。
インタビュー後のリクエスト曲として後藤さんが選んだのは前田祐希さ
んが歌う"September Song"。後藤さんが彼女の歌のファンであり、前田
さんは後藤さんの作物のファン、という間柄。

ニッポン放送のスタッフがオンエア前日に東京中のレコード屋をさがし
まわった曲ですが、下記で試聴可能。

http://www.jazzshopping.com/titles/detail.php?tid=100
http://www.m-ax.com/cd/wmpm/mar-1_2001/er0213.html
たぶんどちらで聴いても同じ曲。(とうぜんですね)
posted by 雨読晴耕村舎ファン at 18:07| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月20日

その他情報:届く野菜はこんな感じ (by管理人)

作物の写真
写真をクリックすると拡大します

写真左上から右に
・ニンニク (※)
・ニンニク醤油(大瓶) 1瓶1000円
・モロヘイヤ (※)
左下から右に
・チンゲン菜 (※)
・つまみ菜 (※)
上記に加えて送料(今回は510円)

※ 野菜の状態や価格は、収穫時期により変化します

posted by 雨読晴耕村舎ファン at 20:46| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。