2010年10月11日

ただいま旬のもの 2010/10/11 (by 管理人)

10月30日に気象キャスターネットワーク主催の環境講座が雨読晴耕村舎で開催されます。
芋掘り・石窯でのピザ作り・稲刈りと豊富な体験メニュー。

詳細はこちら(無断リンクです):
http://www.weathercaster.jp/web/hanyu/101022_hanyu.pdf


以下、芋類についての質問への後藤さんの回答。
と、当面の作業予定(かなり充実してきました)。


今年は高温障害の影響でちょっといびつな形のサツマイモですが掘れます。里芋も乾燥のため苦戦しましたが冬を越すくらいの収量はありそうです。

【田畑の作業】
・ぼちぼち生姜やサツマイモの収穫です。
・バジルの加工が一段落したら生姜の加工に入ります。今年は生姜の品種を昨年まで大実生姜からこぶりで香りがより強い在来種に変えたためほっとジンジャーの出来が楽しみです。量も5割くらい多めにつくったので若干値段を下げることができそうです。
・にんじんは間引き始めました。レタス、赤チシャ、ルッコラと人参の葉と小さな人参をシャッフルしたサラダはかなりヤバイ旨さです。
 にんじんの間引き菜が欲しいかたはどうぞ。
・レタス、赤チシャはそれぞれ50玉程度なので外葉を収穫するやりかたで長くサラダを楽しむつもりです。
・新たに借りた来年やる田んぼ、こぼれたねの稲刈りをして草を砕き稲をはんでんに干しました。
・バジルの収穫は最盛期。バジルソースは従来と同じ加工と試行的に工場用の半加工の2つを毎晩ごそごそやっております。
・ブラックベリーの株のしたて
・にんにくの植え付け50m5列やっと半分くらい
・玉ねぎは芽がでてきました。11月ごろ苗を定植
・秋冬野菜(大根、カブ、水菜など)の種まき相変わらずすこしづつやっています。 成長に差ができると収穫のとき便利。
・倒れはじめた稲(コシヒカリ)の稲刈りはんでん

【建設作業】は相変わらずほとんど進んでいなくて
・耐火煉瓦によるピザ窯づくり
・ウッドデッキの作り直し
・倉庫などの増設

【生産物】
バジルソース  100ml  800円
 無農薬バジル、無農薬ニンニク、オリーブオイル、塩、こしょう

○赤しそエキス無糖  500ml  1000円    のこりわずか
 無農薬赤しそ 純米米酢

○赤しそ梅エキス微糖 300ml  800円   完売 
 無農薬赤しそ 梅エキス(無農薬梅、洗双糖、純米米酢)

○赤しそエキスとんがり味 500ml 1000円  のこりわずか
             300ml 800円   完売
 無農薬赤しそ 梅エキス、洗双糖、純米米酢 

○樹熟梅コンフィチュール 150ml 800円  のこりわずか
 無農薬樹熟梅 洗双糖

○樹熟梅エキス  300ml  1000円
 無農薬樹熟梅 洗双糖 

○ブラックベリーコンフィチュール 150ml 800円
 無農薬ブラックベリー 洗双糖

○ブラックベリーエキス  300ml  1000円
 無農薬ブラックベリー 洗双糖 クエン酸

○ブラックベリーエキス(とんがり味)  300ml  1000円
 無農薬ブラックベリー 洗双糖 クエン酸

○ほっとジンジャー  300ml  1000円⇒800円  のこりわずか
 無農薬生姜 洗双糖 柚子


※ 後藤さんのblog「日々の覚え書き」にトラックバックしてます


posted by 雨読晴耕村舎ファン at 11:36| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ほぼ週刊作物情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。