2005年01月20日

白菜いままさに旬!

後藤さん撮影の畑の写真が送られてきました。
さいきんの寒さで白菜の外側が凍り始めたのだそうです。

白菜の行列
白菜危うし!

外側の葉っぱを剥いでみると、まさに旬のみずみずしい中身が顔を出します。
中身はみずみずしくて美味そう
葉っぱを食べる野菜は、霜にあたると甘味が増すと聞いたことありますが、丁度その状態でしょうか。

後藤さんによると、
「中はとても旨いのですがこのまま気温が高くなってゆくと花が咲いて”白菜”としては食べられなくなります。花は花で旨いのですが・・・・・・」
ということで、せっせと収穫して白菜漬けにしてるそうです。

「完全無農薬の白菜を海の塩だけで漬けました。浅漬けの状態で出荷します。サラダ感覚で食べられます」(by後藤さん)という白菜漬けは大好評。
漬かりがきいて酸味が出てきたら、刻んで油で炒めるのもいいようです。

期間限定品なので、旬の白菜をフレッシュに味わいたい人は今がほぼラストチャンス!
雨読晴耕村舎の公式サイトで販売してます。
うちも早めに確保しなくては。

※ この記事は後藤さんのblog「日々の覚え書き」にトラックバックしてます
posted by 雨読晴耕村舎ファン at 12:34| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。