2010年08月25日

ただいま旬のもの 2010/08/25 (by 管理人)

後藤さんからのコメントと、作業の予定、雨読晴耕村舎/糧工房製品が買える場所の紹介もいただきました:

こちらも田植えが早い集落では稲刈りが始まりました。
うちの稲刈りは10月に入ってからでしょうか。

田畑の作業は
・にんじんの種まきは終わり
・秋冬野菜の定植の準備
・新たに借りた来年やる田んぼの草を管理
・バジルや生姜まわりの草管理
・ブラックベリーの株のしたて

建設作業は
・耐火煉瓦によるピザ窯づくり
・ウッドデッキの作り直し
・倉庫や大型冷蔵室などの増設

なお、バジルソースの買える店舗は
 東京  町田  ピッコリーノ (樹熟梅コンフィチュールも)
 神奈川 鎌倉  倶楽部「道」 (発芽玄米餅も)
 埼玉  高麗川 アリサン   (ほっとジンジャーも)
 埼玉  大宮  かぎろひ   (赤しそエキスも)
 埼玉  羽生  蔵カフェ 

などです。

[作物情報みるにはここをクリック]


posted by 雨読晴耕村舎ファン at 12:00| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ほぼ週刊作物情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月17日

ただいま旬のもの 2010/08/17 (by 管理人)

(1)後藤さんに、梅やブラックベリーの"コンフィチュール"と"エキス"の違いを教えてもらいました。
(2)今後当面の雨読晴耕村舎の作業予定をきいてみました。農作業の体験に興味ある人の参考になるかも。

以下、後藤さんからのコメント:

色があせてきてもう終わりかとおもわれた赤紫蘇の色がこのところの天気の影響で戻ってきました。また赤しそエキスが少しはつくれそうです。

コンフィチュールはちょっと加熱しそのまま瓶詰。
エキスはそれを絞って瓶詰。エキス用は原材料の配合レシピもかわります。

これからしばらくの田畑の作業は

・にんじんの種まき
・秋冬野菜の定植の準備
・新たに借りた来年やる田んぼの草を管理

建設作業は

・耐火煉瓦によるピザ窯づくり
・ウッドデッキの作り直し

[作物情報みるにはここをクリック]
posted by 雨読晴耕村舎ファン at 12:34| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ほぼ週刊作物情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月13日

ただいま旬のもの 2010/07/06 (by 管理人)

【雨読晴耕村舎・糧工房の加工品】

○はちみつ
・庭先の6月のはちみつ 105ml  650円

天然酵母パン
・美和パンは金曜の午後までに予約、土曜発送日曜着です。

○コンフィチュール各種
樹熟梅のコンフィチュール 150ml  800円

○エキス各種
・梅肉エキス                 90ml   2600円
 梅の果汁を2晩煮詰めてつくった天然のクエン酸(限定5個)

赤紫蘇エキス 洗双糖&クエン酸(甘さ控えめ)500ml程度 1000円
・しょうがエキス               300ml 1000円
・樹熟梅エキス                300ml 1000円 

○レトルト発芽玄米餅
・レトルト発芽玄米餅       650円/8個(360g)
・レトルト発芽玄米豆餅      700円/8個(360g)
・レトルト胚芽豆餅        700円/8個(360g)
1箱(20袋入り)購入で1割引き

○野菜
にんにく
パセリ
セロリ


※ 後藤さんのblog「日々の覚え書き」にトラックバックしてます
posted by 雨読晴耕村舎ファン at 12:34| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ほぼ週刊作物情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ただいま旬のもの 2010/07/22 (by 管理人)

後藤さんからの挨拶文とともに作物情報が到着。
情報いただいたのが7月22日なのに掲載遅くてすみません。

以下後藤さんからのメッセージ:

皆さま

暑い日が続きます。いかがおすごしでしょうか?

今年は農場をやりはじめてから11年目になります。
田んぼはいままで10年間やってきたところから家のすぐ近くの田と交換することになりゼロからの再スタートになりました。
最初から不安はありましたが”家庭稲作”をより明確にするため不耕起で今のところ機械をまったく使わないで管理しています。田植えと畦草刈り以外は腰をかがめることを禁じ手にしてきました。これなら何ももたない素人でも稲作に参加できるだろう、と思いながら。
畑は販売から逆算して生産までかなり細部までよめるようになり無駄がどんどんなくなりつつあります。余力が生じ、加工や栽培技術の向上に力を注ぐことができるようになりました。

そんな田畑から今年の夏シーズンの製品ができてきました。
贈答用などにもお使いいただけると幸いです。

[作物情報みるにはここをクリック]
posted by 雨読晴耕村舎ファン at 12:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ほぼ週刊作物情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。